RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
黒糖みるく
三幸製菓といえば「雪の宿」。
ふわっとしてしょっぱ甘い独特の味わいと食感は、誰でも一度は感激したことでしょう。
その「雪の宿」に新しい仲間が登場していたのは皆さんご存知でしたでしょうか。

「黒糖みるく」です。

ふいに手に入ったその一枚を一口食べ、目が皿になりました。
一瞬体が硬直し頭が真っ白になりました。
見ていたTVを消し、きちんと座りなおすと二口目に取り掛かりました。
そこから先は覚えていません。生涯に100枚食べたい黒糖みるく。死ぬまでに100枚。縛りを付けることでこの傑作をより尊い食べ物として味わっていきたいと思います。

あと99枚。
author:talk-street, category:トーク☆食日記, 01:49
comments(15), trackbacks(9)
甘いもの
甘いものが好きなので、仕事中も良く買って食べます。
甘いものといってもチョコ的甘さ・和菓子的甘さ・クリーム的甘さと、計3種類ありまして僕はどれもいけます。コンビニに立ち寄りデザート棚を見渡し「さてどの甘さを今俺は求めているのか」と品定めします。
「チョコ食べたい」と思うことが多いようです。それは『ゴッテリしたチョコ』と『さっぱりしたチョコ』に分けられます。
ゴッテリ気分のときは主に、
.札屮鵐ぅ譽屮鵑離┘レア
▲▲襯侫ート
キャラメル味の板チョコ
辺りが頻出します。アルフォートなんかは相当量食べました。あの旨さ・ボリュームで105円をキープしているのは希少です。
さっぱり気分のときは主に、
.船Д螢(板チョコの入ったアイス)
▲船蹈襯船腑
です。アイスの中に板チョコ!こういう二兎追うみたいな食べ物にはまんまとお得感を感じてしまい大好きです。

高校時代、部活帰りに毎日羊羹を買って帰る時期がありました。
小さいころから醤油団子が好き過ぎて、ばあちゃんは今でも新潟に来ると買ってきてくれます。
友達のおばあちゃんが作った草もちをほんとにおいしく頂いたら、食べっぷりが認められたのか、後日僕のために20個近くの草餅を作ってくれて大半をカチカチにしてしまいました。

最近は生活習慣病を恐れ、若干甘いものは控えようとはしています。

ところで、プリッツを両手離しで食べることを推奨する国文さんのCMがありますが、手放しの際の目がイッちゃっててびっくりします。
author:talk-street, category:トーク☆食日記, 00:00
comments(3), trackbacks(10)
内陸の味
先週はまた3泊4日の出張であり、また色々と食べてきました。先々週は海の山形へ出張、今回は内陸の山形ということもあり、メニューも当然変わってきます。
朝は5時半に起きてまずは移動しながら朝食の「おにぎり」。昼はコンビニで「菓子パン」を購入し、夜は旅館のお膳料理。米沢とあってさすがに牛肉が出ます。しかしこれは噂の「米沢牛」ではなく、あくまで「米沢の牛」です。米沢牛なんて、8000円のお客には出るはずもないのです。このからくりは意外と結構使われているそうなので、米沢へ旅行へ行く際はご注意を。
二日目の朝は同旅館のお膳料理。「湯豆腐」「ウインナー」「焼き魚」「温泉卵」「かぼちゃサラダ」などを広ーい会場でカップルや家族に混ざりながら一人満面の笑みで完食。昼飯は時間がなく、やむなく「SOY JOY」。夕飯はお客様に誘われ居酒屋で食べる。「明太子じゃが」「焼き鳥串盛り合わせ」「シュウマイ」。ちょびっとずつしか食べれないのにお金ばかりが飛んでいく。寝る前には「ウコンの力」。
三日目は二日酔いで朝食は「菓子パン」。昼は「SOY JOY」。夜は取引先の飲み屋でお食事。「鯖の釜焼き」「ニラマグロ丼」。どちらも絶品。ただ金が飛ぶ。就寝前に「ウコンの力」。
四日目の朝は二日酔いで朝食は「菓子パン」。昼はお客さんの自宅に招かれ、ずうずうしくも「和風パスタ」を頂く。サーモンとトマトのサラダ風の創作料理も合わせ絶品でした。パスタにはニンニクが若干含まれておりましたが、午後からは息を吸いながら喋る方法で商談を進めました。夜は無性に甘いのが食べたくなり、帰りの車の中で「まるごとバナナ」を食べる。あんなに開け辛く食べ辛い食べ物だとは思わなかった。「まるごとバナナ」をレジに持っていったとき、あのデリケートな食べ物を、巨漢な親父定員は、がっしりとわしづかみにしてバーコードを押し付けました。何してんだ馬鹿やろー。
トーク食日記
author:talk-street, category:トーク☆食日記, 00:59
comments(0), trackbacks(14)
寒い春 
週の始まりは非常に憂鬱で、天候も今ひとつとあり嫌な気持ちで出社。
出社するなり溜まりに溜まった仕事を一個ずつ片付け、片付けてはまた舞い込み、そうこうしているうちにあっという間に昼になりようやく外回りへ。運転する車内では昼食代わりの「SOY JOY」が再び登場。サンザシとマンゴーココナッツの2種類を特に味わうことなく食べました。数件のお客様を回り、やがて再び腹が減り始めたのでコンビニへ。クレープにバナナが丸ごと入っているやつと缶コーヒーを仏頂面で購入。次の約束の時間が迫っていることもあり運転しながら全く味合うこともなくぺロリ。電話がひっきりなしに鳴り、でも移動はしなければならず、移動しながらも食事は欠かしてはならず、それらを慌ただしくこなしながら今日と言う日は終わりました。夕食の「とんこつちゃんぽんラーメン」に限り、ようやくゆったりと味わって食べれました。食うのは簡単。味わうのは困難。
トーク食日記
author:talk-street, category:トーク☆食日記, 00:05
comments(3), trackbacks(4)
土日の食
うちの会社は基本的に暦通りにお休みを頂いております。しかし出張でたまった仕事を片付けるため、土曜の午前だけはほとんどの営業が無報酬の休日出勤をします。
土曜の朝はトーストを焼いてイチゴジャムをつけて食べ、昼はとんかつ屋でカツ丼を頂きました。夜は6月公演に向け某隠れ家にて長々と稽古をしました。そのため飯は食いっぱぐれてしまいました。ただ団員のオダジマさんが餅や饅頭を持ってきてくれたのでお腹具合はバッチリでした。ところで6月公演の情報も実はもう某ページにて専攻リリースされているのですが、このブログに書くことではありませんね。稽古後うちに帰るとサンドウィッチがあったので、就寝前にも関わらずぺろりと二つ頂きました。
そして日曜日の朝。コンビニでグミを買い、神妙な顔で封を切りそして頂きました。もはや辺りには桜が咲き乱れており、来週からすぐまた出張だから帰ってくるまで咲いているのかと気が焦ります。ああ、食ってもいない桜の話なんかしちゃいました。なぜ神妙な顔でグミを開封したかとかもこのブログの趣旨ではないので割愛します。
その後昼にシナモンのパンを食べながらコーヒーを2杯飲みました。今お腹具合は9分目。特に何も食べたい状態ではありません。果たして夜は何を食べることになるのか。そして明日の朝は何を食べるのか。食って歯を磨き出して尻を拭く。
トーク食日記
author:talk-street, category:トーク☆食日記, 09:53
comments(0), trackbacks(1)
現在月に2度、3泊4日の県外出張に出ておりまして、本日新潟に帰ってまいりました。毎晩旅館に泊まり温泉に浸かり、例の食べきれないほどの膳料理を食べます。夏は蟹、秋は竹の子、冬は鍋物です。今回の出張では「口細かれい」「あわびのステーキ」「はたはた揚げ物」「みそおにぎり」そしてもちろん日本海の新鮮なお刺身などを頂きました。
昼は主に地元の食堂やコンビニを利用し、初日は「カレー」二日目は「パン」三日目は「SOY JOY」四日目は「肉そば」を食べました。
朝は旅館で例の膳料理です。朝の膳は夜の膳に比べて当然ちょっと落ち着きます。これはほんとに理にかなっていて朝からずっしり重たいものなんて食べれませんからグーです。ごはんと味噌汁、イカ刺し、納豆、サラダ、ちょっとした焼き魚などが並びます。二泊目のお宿では突きたてのお餅を頂きました。そしてもう一度温泉に浸かりスーツに身を包み戦場へと赴きます。
旅館の料理は非常によく出来ていて、夜お腹がはちきれるほどたっぷり食べたとしても、朝起きると不思議とすっきり再び空腹になっています。これが旅館の膳料理の計算されつくされているところなのです。
トーク食日記
author:talk-street, category:トーク☆食日記, 01:01
comments(2), trackbacks(5)