RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
終わった
御来場いただきました皆様、ほんとにありがとうございました。
疲れました・・・。ほんとに。
初めての会場にとまどいつつ、探り探りの準備となりました。結果的に「ネタ」が際立つシンプルめな構成だったのでのはないでしょうか。その分ネタの拙さも際立ってしまうのだけど。この構成で2時間飽きずに見せれるようになったら本物ね。
最近ちょっと頭がかたいみたいだなー。
次回の本公演は、今はなんも決めていないけど少し変わった形でやりたいです。
原点に戻るじゃないけど、最近はちょっと肩肘張りすぎてたわ。

まぁまずは9月のワタミチです。その先はひとまず未定。
明日から出張。本公演の詳しい感想はその後で。夜ネタを書かなくていい場合、宿に入ったら何すればいいのか忘れました。
author:talk-street, category:中央ヤマモダン , 21:03
comments(2), trackbacks(1)
黄金狂時代
いよいよ今日です。
後は体力勝負。そしていかに舞台を楽しめるかだなぁ。
今日はとても素敵なフライヤーにお目にかかった。カトちゃんやるな!
author:talk-street, category:中央ヤマモダン , 03:42
comments(2), trackbacks(2)
準備やってます
HPもブログもさっぱり更新してないですが、3月公演に向けてちゃんと準備しています。もう残すところ1ヶ月。これからが勝負です。
前も書いたかと思いますが、今回の公演は約60分のちょっとコンパクトなコントライブです。いわゆる『コント』をやろうとしてます。振り返ってみると、最近やってきたおっきなライブはあまりコントライブっぽくなかったです。なんかショーみたいでしたよね。
「え?コントとショーの違いってなに?」
知らないです。感覚的にです。

今回はコントライブでいきます。

ちなみに、HPがまったく更新されない理由なんですが、管理者のハラ氏が現在なんらかの大事な試験期間だからです。彼は今人生の分岐路に立たされているのかも知れません。もう間もなくそれが終わるとのことです。僕はよく把握してないのですが、頑張れハラさん。ネタ出来た?
author:talk-street, category:中央ヤマモダン , 00:56
comments(6), trackbacks(0)
女将の笑顔
中央ヤマモダンの次回公演が決定いたしました。

中央ヤマモダン 第9回公演
「女将の笑顔」
 3月3日(土) 19:00開演
 3月4日(日) 14:00開演
 会場:シアターent(寺尾駅から徒歩5分)
 料金:1000円 (当日1200円)
 内容:コントライブ


ふざけたタイトルですが、もうあとには引けません。
今回は1時間位のいつもよりやや短めのライブになりそうです。構成も比較的シンプルめになるのではないでしょうか。一応コンセプトもあるんですが別にいいです。どんな方向になるかはまだまだわからないですからね。とにかく楽しみです。
年明け早々ですが、中央ヤマモダンの今後の展開の仕方、みたいなのを話す機会がありました。その中で、何となくですがぼんやりとした目標が見えまして、それを逆算して今やるべきことを考えてみたところ「女将の笑顔」となりました。3月なんて間もなくです。急に忙しくなったなぁ。

author:talk-street, category:中央ヤマモダン , 13:13
comments(5), trackbacks(0)
ピーターパン 終わる
中央ヤマモダン番外企画「ピーターパン」、無事に終了致しました。悪天候の中ご来場してくださった皆様、受付のお手伝いしてくださった方、ワタミチをお貸しして下さった方々、その他影ながら応援して下さった方々、大変ありがとうございました。
さて、ワタミチ公演としては2回目の本公演だったのですが、今回は非常に苦戦いたしました。内容もろくに考えずタイトルだけ先に決めてしまったこともあり、その縛りが今回は比較的マイナスに働いたように思います。ある程度の縛りがあった方が逆に得意、みたいなところがあるのですが、今回は苦しみました。暗く長いトンネルを抜けたのは公演当日の朝でした。そう思ったのは僕だけかも知れませんが。
あと、これも僕だけかも知れませんが、前回の「オーバーストリート君」がちょっと好評だったこともあり、下手のことは出来ないぞ、と勝手に気負いを感じておりました。

その結果、あのような舞台となった訳です。
ピーターパンの世界で全体を包みつつ、ヤマモダンのコントもしっかり見せる、という感じです。作りこんでいく過程は確かに苦戦しましたが、終わってみれば公演自体はなかなかよいものになったのではないでしょうか。

本当は、30分という短い時間だからこそ、スピーディでいてズドンとくるような核となる部分のある、ある意味終始一貫した舞台というのが理想だと思うのですが、それって凄く難しいですよね。それを毎回やろうとすると多分ストレスで死んじゃいます。ワタミチ公演に於いては今後ともあまり肩肘を張らずにやりたいですね。感性を出来る限り自制せずに、野放しに放射してお客さんにお見せする場にしたいのです。(もちろん形にはしますよ)見るほうもやる方もリラックスしてね、単純に楽しんで頂ける場になればいいです。

さて、次回のワタミチはどうしましょう。今後は回を重ねるごとに大変になっていくでしょうねぇ。『2時間くらいの本公演』と『30分の企画ライブ』、今日書いたことを忘れずに、上手に使い分けて健康的にコントを続けていきたいものです。

author:talk-street, category:中央ヤマモダン , 00:38
comments(2), trackbacks(0)