RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
靴買うのは難しい
このところ「靴」に恵まれていなかった。

買う靴買う靴がことごとく足に合わない。プーマは細すぎて足に合わず、アディダスのスタンスミス(マジックテープ式)は足の甲の辺りが硬くて歩くたびに激痛。そのあとまたアディダスの無難そうなやつを一足買ったのだけど、足の裏に謎の突起物があり歩くたびに違和感。おまけに皮が硬くてつま先立ちをすると踵がスポッと抜ける。木靴のようだ。
もう3足続けて失敗してる。

勿体無いな。靴屋の店員はすぐ来るから嫌だ。店員が話しかけてくると僕は基本的に判断力を失います。
試し履きはするけども、店内を2・3歩 歩くくらいでは合ってるかなんてよく分からない。第一店内で試し履きをすると意識しすぎて普段の歩き方を見失ってしまう。僕の場合軍隊みたいな足の運びをしてる気がする。サイズだってちょっと小さい方が馴染んでくるからいいのか、ゆとりがある方がいいのか。メーカーによってまちまちなのか。メーカーによって足の形が決まっているわけでもないようだし。
あと、靴の重い軽いも重要です。デザインはもっと重要。好きな色の靴ばかりに目が行くけど、そうすると結果全身同じような色合いになってることがよくある。その辺のバランス能力が僕には欠けているから凄く大変。

でもようやく、先日よさそうなスニーカーを手に入れました。
パトリックです。
今のところ履き心地よし。重量よし。色も、ちょっと合わせにくいときもあるだろうけど好きな色だしよし。
アディダスには根拠なき愛着と運命を感じていたけども幻だったようです。
これからはパトリック。よろしくパトリック。
author:talk-street, category:ジャージショック日記, 01:13
comments(8), trackbacks(21)