RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
炎症の理由
しばらく前から左目の下が赤くて、ちょうどりゅーとぴあ能楽堂公演のあたりから赤かったのだけど、先日ようやく皮膚科に行ってきました。先生は、どうして左目の下だけが赤いのか、その理由が気になるらしく、「左目の下を掻く癖があるか」とか「引っ掻いた覚えはないか」とか、その原因をしきりに気にしておりました。そんな話を聞きながら僕はハッと思い出したのです。
能楽堂公演とき僕は「ファーストコンタクト」というコントをやったのですが、これはコンタクトをはめようとしてなかなかはめない、というコントだったのですが、その中で、コンタクトを入れるときに目を広げるのがわずわらしい、とごねるくだりがあり、そこで何回か目の下を引っ掻く動作をするのです。僕はこのネタをけっこう練習したので、その積み重ねが目の下に刺激を与え炎症を引き起こしたのだと、先生の話を聞きながら思い出したのです。
しかし「ファーストコンタクトというコントがあって・・・」と先生に言えるはずもなく、適当にごまかし薬をもらって帰りました。
疲れがたまっているときなどはまだときどき赤くなります。勲章と言えば勲章。
 
author:talk-street, category:-, 10:52
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:52
-, -
Comment